Copyrights 2012 Hiroyuki Noritake

Essay

Vol.13

気がつけば8月もあと僅か・・。この夏も大好きなミュージシャンたちと素晴らしい時間を共有することができました。古川兄弟、Tスクエア、クリヤ・マコトさん、本田雅人さん、そして僕のリーダーSession。どれも忘れがたいライヴ、ツアーとなりました。聴きにいらしてくれたあなた、そう貴方です。ありがとう!!

なかでも自分が勝手に想い描かせていただいた夢の組み合わせ"Noritake Session"で味わった幸せは・・・ご来場された皆さんには充分伝わったのではないかと自負しています。メンバー、ゲストの皆さん、最高の音楽とスピリットをありがとう!!愛を感じました・・・。

それにしても、だ。
どうして本田くんとステージ上で話すとき、あ~も頭のナカが妙なことになってしまうんだろう。彼が僕に変テコなビームを照射しているのか?はたまた曲がややこし過ぎて言語中枢のどこかがショートしてしまうのか?自分でも驚くような妙なキャラクターになってしまう。ステージ上ぐらい、せめて二枚目半ぐらいでいたいのに・・・。

ま、いいか。
彼も「そろそろナイス・ミドルな音楽を目指す!」と公言しておられたが、僕は全然信じちゃいません。いつまでも楽器バ○、フュージョン○カな、スーパーカー少年でいて欲しい!僕もいつかはロータスに乗ってみせるでやんす!

さてと。
いよいよLONDONに戻る(?)準備をしないといけません。どうかビザ問題がうまく解決しますように・・・。

Peace,