Copyrights 2012 Hiroyuki Noritake

Essay

Vol.33

夢のような三日間だった・・。「CASIOPEA vs THE SQUARE Special Tour」のリハーサルのことである。

高校三年生の夏休み。親を説得して二泊三日のカシオペア・セミナーへ参加するほど彼らに憧れていた僕。勿論アイドルは神保さん!!その後、スクエアへ加入してからは各地のジャズフェスで同じステージに立つようになり・・この5月には自分の楽曲をツイン・ドラムでレコーディングできる!なんて機会にも恵まれた。

今や名実共に世界をまたにかけ活躍するスーパー神保さんと、こ、、今度はツアー?!・・こんな名誉な出来事は則竹家、子々孫々に語り継がれなければならぬ、一大事なのである。

「 VS 」と題されたからには闘わなければならない。あの技この技、練りに練って、来たるべき決戦の日にむけ闘志を燃やすのだ!・・とはなれないのが小生の弱みなのか強みなのか・・?

最高のお手本である彼があったからこそ、僕も夢を持ってこの世界に入ることができたこと。彼の音楽へのひた向きな、あの情熱と努力を知っているからこそ、僕なりに向上心を持ち続けていられること。そして「他の誰でもない自分の音」を見つけないとならない環境を、ごく若いうちに僕に与えてくれたザ・スクエア・・。そんな感謝と誇りの気持ちを胸に、堂々とステージに上がり、音を楽しみたいと思う。

いや~それにしても楽しいリハーサルでした。いよいよ明日は初日の名古屋。どうか素晴らしい幕開けとなりますように!

Peace,